大きくする 標準 小さくする
  • Top
  • Blog
  • 第3節試合レポート

闘鴎Blog~Fighting Seagulls~

第3節試合レポート

投稿日時:2008/11/02(日) 23:02


東京国際大学戦試合レポート

 

10月25日(土)、リーグ戦第3節東京国際大学戦が川崎球場で開催されました。

東京国際大学は4年生QBを中心に強力なパスオフェンスを展開するチームです。

DLのパスラッシュとLB、DBの正確なパスカバーで抑えつけたいところです。

 


1.JPG  2.jpg
前半

横市のキックオフで試合開始。
ディフェンスはしっかり守りきり、東京国際大学(以下東国)の最初の攻撃をパント※1に追い込む。
敵陣45yds地点という絶好の位置から攻撃を開始すると#13RB今島が25ydsを駆け抜け横市先制。
続く横市のキックオフを東国のリターナー※2がファンブル※3し、横市が再度攻撃権を得る。
その後、1年生#4WR石井へパスを通し、タッチダウン、横市追加点。
2Qに入っても横市は#8TE扇へのパスで
タッチダウンを奪いリードを広げる。
前半終了。

横市21-0東国

後半

東国のキックオフで試合再開。
#22RB深川がキックされたボールをキャッチし、味方の好ブロックをいかし70ydsのリターン※4タッチダウン。
続く東国の攻撃で横市陣内18ydsまで攻め込まれるが第4ダウンでのギャンブル※5を止め、なんとか凌ぎきる。
横市はその後、#44RB谷田、扇、菅野が立て続けにタッチダウンを奪い、リードを広げる。
4Qになると東国は前半のパスオフェンスからQB自らが走る攻撃に切り替え一矢報いろうとするが

ディフェンスは集中力を切らさず完封。
試合終了。
横市54-0東国




※1パント:主に第4ダウンで陣地挽回のために行うキック。パント後は攻撃権が変わる。
※2リターナー:キックオフやパントのときにボールをキャッチして前進する人のこと。
※3ファンブル:ボールを持っている人(キャリアー)がボールの確保を失うこと。
ファンブルされたボールはフリーボールとなり、確保した側のチームが攻撃権を得る。
※4リターン:キックオフやパントでリターナーが陣地回復のため前進すること。
※5ギャンブル:第4ダウンでパントなどのキックをしないでパスやランなどのプレーをすること。