大きくする 標準 小さくする
  • Top
  • Blog
  • ブログ個人トップ

闘鴎Blog~Fighting Seagulls~

次へ>>

レジェンドボウル試合レポート

[試合レポート] 投稿日時:2008/05/21(水) 10:02


%E3%83%AC%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%9C%E3%82%A6%E3%83%AB%E2%91%A3.jpg

前半


現役のキックオフで試合はスタート。
OBの最初の攻撃を第4ダウンでパント※1に追い込み現役側の攻撃となるが、現役側もダウン
更新できず。OB側はその後パスとランを織り交ぜた攻撃で敵陣まで侵入。

44ydsのFG※2を見事決めOB先制。

OBは次の攻撃もパスを主体に攻撃権をキープし、タッチダウン。

一方、現役側の攻撃。投じたパスをインターセプト※3されるなど、攻撃のリズムを作れず無得点。

前半終了

現役0ー17OB

%E3%83%AC%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%9C%E3%82%A6%E3%83%AB%E2%91%A1.jpg



後半

OBのキックオフで後半開始。
現役はこの試合TEとして出場した♯44OL/LB谷田へのパスや♯22RB/DB深川のラ
ンで攻撃を続け、敵陣深くまで侵入。しかしタッチダウンは奪えずFGトライ。

♯53OL/DL福西のキックが決まり現役ようやく得点。

 

現役3ー17OB



%E3%83%AC%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%9C%E3%82%A6%E3%83%AB%E2%91%A2.jpg


後半になって現役も良いプレーを随所に見せる。

♯50OL/LB羽山の鋭いタックルや、パット※4での♯79OL/DL桃井の気迫のブロックは会場を沸かせた。

さらにDLの岡山監督がサック※5を決め、見せ場を作る。

 

その後、互いに譲らない展開が続きタイムアップ。

 

試合終了。

 

現役3ー25OB



%E3%83%AC%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%9C%E3%82%A6%E3%83%AB%E2%91%A0.jpg




※1パント:攻撃側が第4ダウンでプレイせず陣地挽回のために行うキック
※2FG:成功すると3点。キックがゴールポストの間、クロスバーの上を通ると成功。
※3インターセプト:攻撃側が投げたパスを守備側がキャッチする。攻守交替となる。
※4パット:ポイント・アフター・タッチダウンのこと。トライ・フォー・ポイントともいう。
タッチダウンの後1度の攻撃権が続けて与えられ、キックを成功させると1点、プレイが成功すると2点が与えられる
※5サック:QBサックの略。QBがパスを投げる前にタックルすること。

次へ»